人気の低いエリアでも不動産の価値が上がる場合もある

模型を持った女性

住宅メーカーを説明します

並んだ住宅

日本は木造建築が主流です

現在の日本における住宅メーカーは、国内の伝統的な工法だけではなく国外由来の建築技術も積極的に輸入しています。特に、大規模建築では幅広く利用されていますが、個人住宅では依然として木材を中心にした建築工法を行うことが多い傾向にあります。したがって、各メーカーは、利用者の要望に適した技術を組み合わせて建築を行うことが一般的です。住友林業は、企業名にあるように林業を中心にして創業した建築メーカーです。そのため、現在でも木材を豊富に活用した住宅建築に関して、高い社会的な評判を受けています。一方で、伝統的な和風建築から近代的な建築様式まで立地に適した様々な住宅建築に対応してくれる技術力から、高級住宅メーカーとしての評判が住友林業の特徴です。

国産木材を利用できます

日本の国土には数多くの山野があって伝統的に林業が盛んでしたから、長年に亘って建築資材として幅広く利用されていました。しかし、現在の建築メーカーは、国産木材を使うよりも割安な国外からの輸入木材を利用することが多くなっています。ところが、住友林業は現在でも国内各地に数多くの保有林を所有しているので、高品質の国産木材を使う住宅建築が他社との差別化を図る上で評判になっています。また、近年の住宅建築では一定の建築様式を基本として割安で建築を行うことが多いので、建築に関する自由度が限られてしまう傾向にあります。しかし、住友住宅は要望を実現するための専門家が多く所属しているので、デザイン性や設備等の満足感の高さが住友林業の評判に繋がっています。