人気の低いエリアでも不動産の価値が上がる場合もある

色々な住宅模型

住宅と設備の総合力

スーツの男性

パナホームの住宅は、住宅と設備の総合力の高さが評判を集めています。独自の24時間換気システムを実施しており、また壁の位置を15cm単位で動かす技術を保持しています。さらに、最大6mまで柱の無い空間を構築できるといった間取りの柔軟性が話題です。これは特に狭い土地に注文住宅を建築するケースの多い、都心部を中心に評価されています。

もっと読む

住宅メーカーを説明します

並んだ住宅

日本には数多くの建築メーカーがありますが、住友林業は高い技術力と国産木材を豊富に利用した高級住宅メーカーとして知られています。日本では輸入木材を使うことが多くなっていますが、国内各地に保有林を数多く持っていて積極的に利用することで評判を呼んでいます。

もっと読む

東京都内で一戸建ても可能

スーツの女性

ジャパンハウジングセンターは東京都の立川を中心に不動産販売を繰り広げている会社です。地域に密着していることが特徴で購入後の失敗談も少ないという特徴があります。東京都内で一戸建てを購入することを検討しているのであれば、おすすめです。

もっと読む

首都圏で注目されるエリア

一軒家

住宅を購入する時には最初にローンの返済計画を立てることが大事です。それによってどのくらいの値段の住宅を購入できるかがわかります。ある程度の手持ち資金があれば東京周辺の選択幅はかなり広がります。資金が少ない場合は、郊外へ行かないと希望の物件に手が届かなくなります。このような場合は工夫が必要です。東京周辺でもエアポケットのように人気のないエリアが必ずあります。そのような場所を探すと、郊外と同じかそれより安く購入できます。例えば八潮市です。埼玉県南部で東京に隣接していながら、交通の便が悪くて人気がなかったエリアです。ところが新路線が開通して八潮市内に駅ができた途端、不動産価格は上昇したのです。八潮市のような街を見つけて住宅を購入すると、不動産の資産価値も一気に上がります。

新路線ができたことで八潮市の不動産価格は上がっていますが、それでもまだ他の埼玉県の人気エリアよりは安くなっています。八潮市以外でも新路線が開通したことで、茨城県南部などの不動産価格が上昇しています。この一帯は今後も地価の上昇が期待される首都圏で最後のエリアだと言われていますので、これから住宅を購入するには最適です。特に八潮市の場合は都心部まで30分程度で行けるので、今後もその存在価値は増すこと間違いなしです。八潮市には大手の不動産会社から、地元に根ざした昔ながらの不動産屋まで多数存在しています。ネットで物件を探すのは便利ですが、実際に現地に足を運んでみると良い物件を見つけることができます。